HOME >> 多目的収納ボックス >> ブラックボックス

ブラックボックス

ブラックボックス

紙で出来ているので、最終的にはリサイクル出来る商品である事が特徴的です。

イベント会場とかで、ゴミ箱が必要になった場合、箱のままの段ボールが利用されます。

分別毎に段ボールを用意しておけば、一石二鳥です。

環境にも良いのと、イベント会場の美化にもつながります。

ミカン箱を並べてテーブルにしてみたり、椅子にもできます。

部屋中に散らばった子どものおもちゃを無造作に放りこんでも良いでしょうし、整理箱にも使えます。

段ボールや紙器などを再利用する方法は無限大にあります。

知恵と工夫によってこれ程変化する、箱をもう一度改めて確認してみると面白いです。

紙や段ボールを取り巻く環境はあまり良くなないようです。

消費が低迷している状況では、紙だけとか段ボールだけとかではく、作戦を立てて行かないといけない状態です。

今後段ボールメーカーは製造事業者向けには段ボール以外の包装資材も取り込んだトータルパッケージの提案なども行っていくようです。

そして、小売業向けには広告掲載やディスプレイツールとして販促資材となりうる段ボールの提案・開発も必要となってくるだろう。

段ボール市場は、段ボール原紙メーカーの集約に加え、段ボール製品分野でも大手企業グループによる一貫メーカー体制が確立したことで、業界構造の安定化が図られたもようです。

これにより、今までのような過度な価格競争は減少し、原紙メーカー、シートメーカーともに収益を確保できる体制になった事が大きいとみている模様です。

一方、現状の設備過剰に加えて、今後、段ボール需要が右肩上がりに拡大することは難しいと見られることから、大手企業グループを中心とした系列化の進行や、グループ同士の提携、連携等も進んでいくものと考える。

また、プラスチックコンテナー等、段ボールに代わる素材の広がりも今後の段ボール需要を益々悪くさせる要因にもなっています。

その中でも、再利用(リサイクル)の割合は90%を超えています。

これは、環境にも優しく、熱帯雨林の大幅な減少を食い止める事にも一役買っているはずです。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています