HOME >> 多目的収納ボックス >> 引越しに使う段ボール

引越しに使う段ボール

段ボールと言えば、引越し業界でも多く使われていますよね。

引越し業界では、段ボールの中に荷物を詰めて発送を行いますので、まず「段ボールありきの業界」と言っても良いのではないでしょうか。

段ボールと切っても切り離すことができない業界の為、世間では「引越し業界がとても多く段ボールを使用している」と思うみたいですが、実は「引越し業界で使用されている段ボール」は全体の3パーセントほど。

思った以上に段ボールは使われていません。

段ボールを一番多く使用しているのは40パーセントの加工食品業界、次が12パーセントの青果系、それから8パーセントの電気や機械業界、5パーセントの化粧品や薬品業界、同じく5パーセントの陶磁器・ガラスの割れ物業界と続きます。

引越し業界で使用する段ボールは、その次の3パーセントですので、全体から見るとそこまでたくさんの段ボールは消費していないことが解ります。

しかし、引越し業界では「段ボールを多く使用しない為の工夫」も行っています。

引越しで一度使った段ボールをすぐに捨てるのではなく、使いまわすことで、段ボールの使用量を減らしているのです。

引越しの際は、業者から荷物を詰める為の段ボールを貰うことができますが、よく見ると「新品の段ボールばかりでなく、一度使った段ボールが入っている」ということがありますよね。

これは、前に引越しで使った段ボールを使いまわしているということで、引越し業界も段ボールを大切に使用しているのです。

引越しに使う段ボールなんて、新品でも一度使われていても気になりませんので、この方法で使用量を減らすことができるならいいアイディアではないでしょうか。

段ボールを使いまわすことで、経費の節減にもなりますし、このリサイクル方法にはメリットがたくさんあるのです。

この様に、業界全体で「段ボールの使用量を減らす努力」をしているからこそ、使用量が少なくて済むのかもしれませんね。

この様なリサイクル方法は、消費者も大歓迎です。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています