HOME >> 多目的収納ボックス >> 日除けとダンボール

日除けとダンボール

暑い夏、あればいいと思うアイテムは「日除け」です。

西日が差し込む部屋だとカーテンを閉めて遮るというお宅も少なくないでしょう。筆者宅でも西側に面した窓全て、午後からはカーテンを閉めて生活をしています。もちろん夏限定ですが、紫外線対策でシミなどが気になる女性なら冬場でもカーテンを閉めたほうが良さそうです。生活紫外線って、室内にいてもあるそうですし、UVカットシートを窓に取り付けている女性もいます。

住宅だと日除けは「イコール涼しさ」というイメージです。

涼しげに見えるよう、ヨシズを使ったり植物のカーテンなどで日除けをしているお宅も少なくありません。壁を作りながら風も取り入れられるという点では「涼しさ」という言葉がぴったりです。

それでは車にはどのようなものを使っているのでしょう?

夏の暑い時期、屋根のない駐車場にほんの少し車を止めておくだけでもかなり高温になってしまいます。ハンドルは熱くて触れないということも少なくありません。

日差し避けには折りたためる紙製のものもあります。中には「断熱」となっているものもありますが、それならダンボールの方が良いと思いませんか?

ダンボールだと適度に断熱してくれますし、断面の間には空気層がありますので、素材としては完璧だと思います。ただ、気になるのは大きさですが、トランクルームを活用すれば窓よりも大きめにこさえ、ピタっとハマるようにすれば車内の温度もそれほど上がらないかもしれません。

車内の日除けにはどのようなものがあるか調べてみたのですが、走行中に使用するものだと透けて見える黒のカーテンや、窓に吸盤を密着させることが出来るネット状の物が主なものです。

停車中だと紙製やアルミ加工が施された畳める物の他、外からすっぽりと窓を覆ってしまうものもありました。ちょうど、車用のカバーを小さくしたようなものですが、サイドミラーに引っ掛けて車の後部まで引っ掛けることが出来るので着脱は楽なようです。お値段も2000円台からあるようですが、このようなタイプだとちょっと駐車するだけではなく、キャンプなどのアウトドアに向いていると思います。一見、大げさに見えますからね。

しかし、筆者としてはダンボールの方が断然オススメなのですが、表側に「ECO」なんて緑色の文字が印字されているものだと人気が出るのではないでしょうか?

ボロボロになっても資源ごみ回収してもらえますし、キャンプで座るものが欲しい時にも使ってもらえそうです。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています