HOME >> 多目的収納ボックス >> 重量に注意

重量に注意

段ボールの収納で失敗しやすいのが、重量と段ボールの強度のバランスが悪く、底が抜けてしまったり、取っ手がちぎれてしまったりする失敗です。

段ボールは簡単に手に入りますので、壊れても良いとしても、中の物は壊れてしまって大丈夫でしょうか。

段ボールは手軽で便利ですが、便利な反面プラスチックの収納に比べて強度が劣ることをしっかりと認識しておきましょう。

重たい物を収納しなければならない時には、小さめの複数の箱に分散して収納すると良いでしょう。

底の強度に不安があれば、別の段ボールを底のサイズに切り取って、底の強度を補強しましょう。

そして、重たい物を収納した段ボールは安全のため、高い場所に収納することを避けてください。

重たい物は押し入れの下の段に。軽い物を上の段や天袋に。

下の段に入れた重たい箱は、キャスターを付けたすのこなどに乗せると出し入れが楽です。

出し入れする時の動作を考えて収納するようにしましょう。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています