HOME >> 多目的収納ボックス >> 緩衝材の色々

緩衝材の色々

段ボールを使う時に、必ずといって良いほどお世話になるのが「緩衝材」です。

緩衝材は、段ボールに物を入れて商品を発送する時に必ず必要になるもので、これが無いと中のものが壊れてしまったり、痛んでしまったりする可能性があります。

この為、運送業者では「中に緩衝材は入っていますか?」と中身の梱包について聞くこともあるそうです。

緩衝材が入っていない為に、運送中に中のものが壊れてしまったら悲しいですものね。

緩衝材には色々なものがあり、その中から段ボールに合うものを選んで使用します。

まず、私たちにも馴染みが深い「エアーキャップ」。

これは通称「プチプチ」と呼ばれるもので、その名のとおり気泡がたくさんついたシートです。

私たちが良く知っているのは、わりと小さめの気泡のプチプチですが、実はプチプチのサイズが大きいものもあり、発送するものによって使用するサイズを変えるのだそうです。

エアーキャップはお菓子缶の内側にも使われていて、衝撃からお菓子を割れない様に守ってくれます。

そして、緩衝材の中でも非常に良く見る「発泡スチロール」。


これは、パソコンなど「壊れ物を発送する時に使用するもの」で、緩衝材の中でも良く衝撃を吸収してくれるとても便利なものです。

価格も安めだそうで、業者の中には設計や製作から請け負ってくれるところもあります。

家電製品をはじめとする、精密機械の梱包によく使用されています。

家電商品に良く使われる緩衝材と言えば「バラ状緩衝材」もそうで、これは商品と段ボールの隙間を埋める為に使用されているものです。

隙間が開いていると、そこだけ衝撃に弱くなってしまいますので、この緩衝材で埋めて衝撃を吸収させます。

それから、空気が入った小さな枕が連なった様な形の「エアピロー」。

こちらもバリエーションが比較的豊富で、よく使用される緩衝材のひとつになっています。

こうした緩衝材は、段ボールの味方になってくれるアイテムですので、「衝撃を最大限に吸収したいとき」に使用してみて下さい。

緩衝材が無い場合は、新聞紙を丸めて入れるのもオススメですよ。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています