HOME >> 多目的収納ボックス >> カラー段ボールとクラフト紙と

カラー段ボールとクラフト紙と

段ボールはもともと「クラフト紙」でできているもので、ベースの色は「茶色」です。

このクラフト紙の茶色は人気があり、人気ショップの「無印良品」などの家具は、このクラフト紙の色をそのまま残した段ボールアイテムが販売されています。

無印良品は、私たちが身近で段ボールアイテムを手に入れることができるショップのひとつで、棚やCDラック、引き出しなど、本当に多くの商品を取り扱っています。

無印良品から発売されている段ボール関連商品を見ると解りますが、段ボールで作った家具には不思議な上品さがあり、部屋の中においておくと上質感を演出することができます。

どんな空間にもスッと入り込めること、どこに置いても合わないということがない無い不思議な魅力を持っていることから、段ボール製の家具は非常に重宝しますよね。

しかし、中には「クラフト紙の色ではなく、カラフル段ボールが欲しい」と考える人もいるわけで、そういう人の為に「カラーダンボール」が誕生したのです。

カラーダンボールの用途は実に様々で、中には白い段ボールに、天板様のイラストを印刷してもらうイラストレーターもいます。

「カラーダンボール」というと、赤や青などの単色カラーのものを想像しますが、こういった「イラストの印刷」も可能で、色々なものが段ボールに印刷されています。

また、単一色のカラーダンボールに関しては、プレゼントをする時のラッピングアイテムとしての需要も高いので、ラッピングアイテムとして多くのものを見ることもできます。

クラフト紙にもカラーダンボールにもそれぞれの魅力があり、どちらでも好きな方を選ぶことができる様になっているのが良いですよね。

「段ボールでどんなものができるだろう」と言う職人の試行錯誤が、色々な種類の段ボールを生み出していると言えるのではないでしょうか。

色々なものを作ることができるダンボールだからこそ、私たちの生活に馴染み、色々な顔を見せてくれるのでしょう。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています