HOME >> 多目的収納ボックス >> カラー段ボールをご存知ですか

カラー段ボールをご存知ですか

私たちが知っている段ボールは、「クラフト紙でできた茶色のもの」ですが、その上から色をつけた「カラー段ボール」も作られており、こちらも色々な用途に使用されています。

カラー段ボールの造り自体は一般的な段ボールと変わらず、原料には同じ古紙が使われ、リサイクル性が高い商品となっています。

カラー段ボールが生まれたことで、段ボールの用途は一層広がったと言えるでしょう。

クラフト紙は人気のある素材で、そのまま使ってもシンプルな美しさがありますが、「どんなものを使っても同じ色しかできない」と言うものは、商品価値の幅を広げることができません。

たとえば家具を選ぶ時、大抵はカラーバリエーションがあって、私たちはその中から「一番部屋に合うもの」を選んで購入します。

でも、一色しかなければ「色が部屋に合わないから」とそこで購入の選択肢が無くなってしまいます。

カラーダンボールが生まれたことで、業界はさまざまなカラーバリエーションの商品を展開することができる様になり、これが商品の幅を非常に広くしてくれました。

段ボールに色を付けることによって、消費者も様々な色の物から好きなものを選ぶことができる様になり、このことが、段ボールが一般に広まる一因と考えられます。

また、カラーダンボールだけでなく、「木目の模様を印刷した段ボール」「エンボス調の模様が入った段ボール」「木箱の様なデザインをプリントしたもの」など、色々な種類がありますので、用途によって好きな段ボールを選ぶことができる様になりました。

カラーダンボールや、上記の様な特殊印刷を施した段ボールは、贈答用としても非常に高い人気があり、一般人でもショッピングモールなどでラッピング用に使われている段ボールを手に入れることが可能です。

カラーダンボールが誕生したことで、段ボールの活躍の場はますます広がり、商品化の選択肢も広がった様に思います。

この様な段ボールへの試行錯誤は、これから先も続いていくでしょう。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています