HOME >> 多目的収納ボックス >> 衣替えに供えて

衣替えに供えて

洋服などでも夏場と冬場着るものがバラバラで違うと思いますから、それらをずべてタンスに仕舞っておくのではなく、夏場は冬物は押入れに、冬場は逆に夏物を押入れにしまうという人も多いのではないでしょうか?

そうやって出来るだけタンスは埋めないようにはするけれど、衣替えの時期になったらある程度中身を変えるという形になる事でしょう。

そういった場合などに服を入れるケースというのは、衣装ケースのようなものでもいいと思いますし、服の量に合わせると衣装ケースなどに無駄な隙間が出てきてしまうのであれば、自分の必要なサイズのダンボールなどを準備してそこに仕舞うという方法もあると思います。

ダンボールなどであれば様々な大きさのものがありますから、自由に選んで必要な大きさのものだけを使えばいいと思いますし、ダンボールの形は箱というものだけをただ使うのではなく、それを工作して棚のようなものを押入れの中に作ってしまうのでもありだと思いますので、工夫一つでガラリと変わる収納を堪能してみてはいかがでしょうか?

一々ダンボールを開けて整理してが面倒だと思うのであれば、押入れの中に棚を作ってしまえばいいのです。

そうやって箱という形にばかりとらわれない事で、面白い工夫が出来るでしょう。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています