HOME >> 多目的収納ボックス >> まほうの箱

まほうの箱

まほうの箱

段ボール箱とボール箱。

呼び名がたまに違う時があると思いますが、一般的には同じ扱いになります。

一般的に段ボールと言えば、クラフト色をしています。

ナチュラル感があり、誰もがダンボールと認識できる物です。

世界中で一番、使用料の多い素材でリサイクル率も高い段ボール材料です。

段の厚さはG段からW段(0.6ミリ厚~8ミリ厚)まで生産されています。

段ボールには、表ライナ、中芯ライナ、裏ライナ、に、ランクがあり、それによって強度が変わります。

クラフト段ボールは、素材の強度が主にライナ(表紙・裏紙)5種類、中芯ライナ(波部分)も主に5種類の材質があります、組み合わせにより多種多様な強度の段ボール箱を製造出来ます。

それがクラフト段ボール箱の生産率が高い要因です。

よって、強度を要求する場合はクラフト材質の材料選択になります。

段ボール箱の強度は箱にした状態での強度という見方なので、材料としての強度とはまた違った角度からの検証になります。

「段ボールシート」

梱包のための補強や、仕切、ガラス製品や板状のものを梱包するためのものに段ボール板(段ボールシート)があります。

また、パネルや看板、POP材料、工作材料など、いろいろな分野でも幅広く使われています。

段ボールの波(流れ目)の方向で、強度が変わってきます。

波(流れ目)に平行方向は、折れやすく、波(流れ目)に対して垂直方向は強度があります。

使い方によっては目の方向が重要ですので、ご注意ください。

段ボールシートはその日の気温や湿度、経年変化、保管方法などで必ず反ってきますので、注意が必要です。

反りを少なくする方法として、保管する場合は、平にしてください。

サイズが大きいほど、反りやすいですが、やむを得ず、立てて保管する場合は波の方向を立てて保管してください。

一度反ってしまったものは元通りにはなりませんが、平にして、重しをかけることによって多少戻る場合があります。

「段ボール箱のサイズ」

段ボール箱の寸法には、内寸(内のり寸法)・外寸(設計寸法)・外形寸法(外のり寸法)があります。

内寸(内のり寸法)とは。

品物の寸法を測り、ゆとりを持たせた寸法で、箱の内側の寸法で、内径寸法とも言います。

外寸(設計寸法)とは。

内寸から段ボールの厚みを加算した寸法で、製作時の罫線寸法で、設計寸法とも言います

外形寸法(外のり寸法)とは。

箱を組み立てて、中身も入れて封をした状態の箱の外側の寸法(外のり寸法)です。

段ボールの厚みや膨らみにより、外寸より3~20mm程度大きくなります。

運送便で送るときのサイズになります。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています