HOME >> 多目的収納ボックス >> 資源回収

資源回収

資源回収

あなたのところに届けられた段ボールが回収され再利用されています。

廃品回収業者が集めた段ボールから新しい段ボールが出来上がります。

段ボールの原料の約95%が古紙から作られています。

そう、リサイクルされた段ボールがまた段ボールになり良い循環をしているのです。

ステップ1:古紙から新しい段ボールを作る。

ステップ2:色々なところで段ボールが使われる。

ステップ3:リサイクル資源ごみとして分別て出す。

ステップ4:廃品回収業者などが使用済み段ボールを回収する。

ステップ5:集められた段ボールを溶かして、新しい段ボールを作る。

段ボールは環境に凄く優しい商品なのです。

段ボール箱を作る前に、段ボールシートを作らなければ箱にはなりません。

「段ボール原紙ができるまで」

ステップ1:回収された古紙(段ボール)を水の中で繊維状にする。

ステップ2:異物を取り除き、繊維を叩いてからみやすくする。

ステップ3:ローラーで絞りだした物を乾燥させながら巻き上げていく。

ステップ4:巻き上げた段ボール原紙ロールが段ボール工場へ。(原紙ロールの重さは1本あたり、1~2トンになります。)

「段ボール板ができるまで」

ステップ1:段ボール原紙から中芯と裏ライナを貼り合わせる。

ステップ2:ステップ1で出来上がったものに表ライナを貼りつける。

ステップ3:決まられた寸法に切断する。

「段ボール箱が出来るまで」

ステップ1:段ボールに商品名や会社名を印刷する。

ステップ2:標準的な段ボールは折り目に沿っておりノリ付けされる。

ステップ3:束ねて注文していた会社や商店に送る。

各企業が使用した段ボールがリサイクルの為に廃品回収される。

段ボールがリサイクルされる回数は7~8回と言われています。

段ボールの原色がクラフト色ですので、再利用する場合もクラフト色になってしまいます。

白などにする場合には、クラフト色を漂泊をしなくてはいけなくなります。

段ボールは、ライフサイクルで見た場合、地球温暖化の原因とされるCO2の排出量が少ない、人にも環境にも優しいすぐれた包装資材です。

天然の木材繊維に由来し、使用後もコンパクトに折りたため、水でほぐすだけで簡単にリサイクルが可能です。

そのためリサイクルの輪の中で、常に新しく衛生的な段ボール箱を使っていただくことができるのです。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています