HOME >> 多目的収納ボックス >> 手作りか市販か

手作りか市販か

収納に段ボールを使う時、作り方などをネットで検索していると市販の収納ボックスをたくさん目にすることが出来ます。

金額もプラスチック製の収納ボックスに比べて安価ですから、無理に手作りしなくても・・・という気持ちになってしまいます。

既製の収納ボックスは一言で言うと「丈夫」です。

プラスチック製の収納ボックスに劣らぬ強度があります。

軽くて持ち運びにも便利です。手作りの収納ボックスと比べると、色や形を揃えることも出来るためインテリアの一部と考えるのであれば、既製の収納ボックスに軍配が上がるでしょう。

手作りのメリットは、やはり材料費が掛からないということ。

そして、好きな形に加工して使えるという点ではないでしょうか。

押し入れやクローゼットなどの見えない場所の収納ボックスに利用するのであれば、手作りの収納ボックスで十分な機能を果たします。

外に出すか中にしまうか。

これを基準に手作りと市販を比べてみると分かりやすいのです。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています