HOME >> 多目的収納ボックス >> 取っ手をつける

取っ手をつける

段ボールの種類によっては、サイドに穴が開いていて、取っ手になるものがあります。

持ち運びに非常に便利な取っ手の穴ですが、全ての段ボールに穴が開いているわけではありません。

通常の配送に用いる場合には穴はあまり重要視されていません。

配送業者は、穴に手を掛けて段ボールを運ぶことを嫌います。

中身の重量や形状によっては、取っ手に負担が掛かりちぎれてしまうことがあるからです。

ちぎれて箱を落としてしまっては、中身が損傷してしまう可能性が高いからです。

しかし、収納に使う場合は別です。

特に、押し入れの上段や天袋に収納する比較的軽めの段ボールの場合には、取っ手が無いと段ボールを引き出すのに苦労します。

取っ手の無い段ボールを使う時には、カッターで穴を開けて取っ手にするか、紐を取り付けて取っ手の代わりに使うようにしましょう。

重量のある箱では取っ手に頼ると危険ですから、あえて取っ手の無い段ボールを使うようにしましょう。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています