HOME >> 多目的収納ボックス >> 上積みに注意

上積みに注意

収納というのは、箱の中に物を収納してからが本当の収納といわれます。

箱の中は雑然としていても、段ボールひとつひとつを使いやすく、分かりやすく配置することが重要なのです。

この時に注意したいのが段ボールの重ね方です。

出来れば重ねることなく横一列に配置したいところですが、スペースの関係上なかなか難しいのではないでしょうか。

多くの人が段ボールと段ボールを重ねないと収納が実現しないと思います。

この時に、重たい段ボールや、中身が壊れにくい段ボールを下にします。

ワレモノは必ず一番上に乗せます。

食器などのガラス類は、上に重ねておいても取り出す時に落としてしまう危険があります。

やむをえず重ねる時は、ワレモノであるということを誰が見ても分かるようにしておき、取り出す時の注意を促しましょう。

段ボールを重ねて大丈夫なのは衣類や布団類です。

スペースに限りがあるのであれば、衣類などを優先的に重ねていきましょう。


多目的収納BOX段ボールの魅力は情報収集にお役立てください。

収納に使われる段ボールから、多目的BOX段ボールまでを詳しくお話しています